新鮮の速報

2CHなどの生活に関連ある記事を更新しています。

    • カテゴリ:


    (出典 m.media-amazon.com)



    1 孤高の旅人 ★ :2018/01/07(日) 02:40:24.62

    大豆ミートの需要拡大 開発・販売強化の動き相次ぐ
    1月6日 18時01分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180106/k10011280821000.html

    大豆を原料にしながらも肉のような味や食感を出した、いわゆる大豆ミートの需要が伸びています。健康志向が強まる中、高タンパク・低カロリーなことが人気の理由で、食品メーカーでは開発や販売を強化する動きが相次いでいます。
    大豆ミートは、絞って油を抜いた大豆に熱や圧力を加えるなどして作られるもので、タンパク質が豊富な一方で牛や豚などの肉と比べてカロリーが低いのが特徴です。

    カップめんの具材などとして使われてきましたが、最近では技術開発が進み味や食感が肉により近づいたこともあって人気が高まり、今後、世界的に需要が伸びると見られています。

    日本の食品メーカーも開発や販売に力を入れていて、このうち、みそメーカーのマルコメは、ひき肉のような大豆ミートを開発し、東京・新宿区の飲食店でギョーザの具材に使われています。
    もともとは肉を食べないベジタリアン向けのメニューでしたが、カロリー摂取を控えたい一般に人たちからも注文が増えているということです。

    マルコメの担当者は「最近は健康やカロリーを気にする人が増えているので、大豆ミートの伸びしろはもっとあると思う」として、今後、取り扱う飲食店を増やしていきたいとしています。

    また、食品メーカーの不二製油は、さらなる需要の拡大に向けて、大豆ミートのハンバーグの開発を進めています。

    大豆ミートは大きくなるほど肉に近い食感を出すのが難しくなるということで、いくつかの種類の大豆ミートを混ぜ合わせるなどして、大きくてもハンバーグのような食感を再現する試験を重ねていて、ことし中の商品化を目指しています。

    不二製油グループ本社の前田裕一最高技術責任者は「ステーキのような大豆ミートの開発も実現したい。市場はまだまだ広がっていくと思う」と話していました。
    広がる大豆ミート市場
    今後、大豆ミートの需要が世界的に伸びると見込まれる背景には、高タンパク・低カロリーというヘルシーさに加えて、味や食感を肉により近づける技術開発が急速に進んでいることがあります。

    世界での市場規模は、2022年までに60億ドル近く(日本円で6500億円)を超える規模になると試算されています。

    欧米では、家畜に飼料を与えて肉として食べるより、栽培した大豆を直接食べるほうが二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量が少なく、環境に優しい食べ物としても位置づけられ、特にアメリカではシリコンバレーを中心に、大豆ミートなど植物を原料とした代替肉を開発・生産するベンチャー企業が相次いで生まれています。

    日本国内でも、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ベジタリアンや宗教上の理由で食べられない肉がある外国人旅行者も増え、さらに需要が拡大すると見込まれています。

    こうしたことから、大手商社「三井物産」が代替肉を開発するアメリカの企業に出資しこの分野に参入するなど、大豆ミートの開発・販売を強化する動きが今後さらに広がりそうです。


    【【大豆ミート】大豆ミートの需要拡大 開発・販売強化の動き相次ぐ 】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 i.imgur.com)



    1 ばーど ★ :2018/01/05(金) 23:49:40.05

    浦和署は4日、強制わいせつと強盗の疑いで、さいたま市南区文蔵2丁目、自称会社員の男(32)を逮捕した。

     逮捕容疑は3日午前1時ごろ、同市南区の路上で、買い物から帰宅途中の20代女性の背後から近づいて口元を押さえ付けるなどの暴行を加え、女性のズボンと下着を引き下ろして体を触るわいせつな行為をした後、ズボンと下着を奪った疑い。

     同署によると、女性の110番で駆け付けた警察官が現場から約300メートルの場所で似たような男を見つけ、職務質問して逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

    配信2018年1月5日(金)
    埼玉新聞
    http://www.saitama-np.co.jp/news/2018/01/06/01_.html


    【【埼玉】女性の口押さえ暴行、わいせつ行為後にズボンと下着奪う 32歳の男逮捕/さいたま市 】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 www.city.nagoya.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/01/05(金) 15:58:25.81

    <名古屋市>「敬老パス」1日13回 不正使用確認なら対策
    1/5(金) 10:39配信 毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000015-mai-soci

    名古屋市は、65歳以上の市民が市営地下鉄と市バスを無料で利用できる「敬老パス」(交付時に負担金が必要)について、年間100万円を超えるペースの利用者がいることを明らかにした。1日平均13回使っている計算で、本人以外が不正に使用している可能性もあるとして、市は実態を把握し、不正が確認されれば対策を検討するという。

    敬老パスは所得に応じて年1000~5000円の負担金を支払えば、地下鉄などが乗り放題になる。利用は本人に限り、第三者への貸与・譲渡は不正となる。昨年3月に磁気カードからICカードに全面的に切り替わり、カードごとの利用頻度が把握できるようになった。

    市が集計した昨年3~8月のデータでは、半年で50万円超の利用者が2人、40万円超も少なくとも8人いた。使用回数は約1900~2400回で、単純計算すると最も多い人で1日平均13回使用していることになる。

    通常、市バス・地下鉄の全線定期券(6カ月)を購入すると、年間料金は約20万円になる。市は「高齢者の社会参加を促進する制度で、買い物や通院などに多くの人に適正に使ってほしい」とする一方、「不正があるならば問題だ。まずはアンケートなどを通じて実態を把握したい」としている。

    市はこれまで、すべての敬老パスの総利用回数に応じた乗車料金相当額を事業費として計上し、今年度予算は約140億円を超えている。


    【【愛知】名古屋市:「敬老パス」年間100万円を超える、1日13回ペースの利用者 不正使用確認なら対策[18/01/05] 】の続きを読む

    このページのトップヘ