新鮮の速報

2CHなどの生活に関連ある記事を更新しています。

    • カテゴリ:


    (出典 i.ytimg.com)



    1 自治郎 ★ :2018/01/03(水) 21:11:12.66

    スズメや野鳥の写真を撮影している、すずめ四季(@suzumeshiki)さんがとらえた、貴重な瞬間をご紹介します。

    写真が撮影されたのは、気温が下がってきた11月の初旬。撮影者さんの目に入ってきたのは、スズメたちによる『素晴らしい整列』だったのです!

    【ネットの反応】

     ”「こんなにスゴイ写真、初めて見た!」

     ”「モフモフした冬毛がたまらん…!」

     ”「すごーい!まさに『整列』って感じ!」

     ”「通勤ラッシュ時のホームっぽいと思ってしまった。」

    冬毛で丸っこくなったスズメたちがキレイに整列しているだなんて、見ているだけで頬がゆるむような光景です!

    あまりの可愛らしさに、「自分もこの中に混じりたい…!」と思ってしまいますね。

    スズメは夜に眠る際、集団で身体を寄せ合って暖をとるといわれています。この写真が撮影された時も、みんなで温め合っていたのかもしれませんね!

    2018年1月1日
    https://grapee.jp/437501

    スズメたちによる素晴らしい整列

    (出典 grapee.jp)


    【【鳥】「こんなにスゴイ写真初めて見た!」 スズメの『レアな姿』が話題に 】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 nikkan-spa.jp)



    1 ばーど ★ :2018/01/03(水) 14:33:02.02

    メディアが称揚するようなバラ色の楽園、そんな聞こえの良い話が実際に待っているはずはない。大分県の「村八分」報道は世間を大いに驚かせた。が、全国の夢多き移住民のハマったぬかるみは深い。ゴミ出しすら許されない、その地獄の実態をご紹介する。

    平成がそろそろ30年目にさしかかろうかという時代に、穏やかならざる報道であった。去る2017年11月6日、大分県弁護士会は、「Uターン男性への村八分をやめるよう、集落全体に是正勧告した」というのだ。

     狐につままれたような印象があるが、その大要は以下の通りである。

    〈68歳の男性は母親の介護のために2009年に関西から大分へUターンした。しかし、2年後に地元住民とトラブルに発展。集落の構成員と認められず、行事の連絡や市報の配布先から除外された。弁護士会は「男性に落ち度なし」と結論づけた〉

     大分県内の「村八分」に関する勧告は今回で3例目で、過去2度は非公表だった。だが、このままだとUターンする人が減りかねないという弁護士会の懸念が公表に踏み切らせたのだ。

     結論から言えば、これは対岸の火事ではない。テレビは盛んに田舎暮らし礼賛番組を流し、移住ブームに便乗する自治体も「こっちの水は甘いぞ」とばかりに移住促進策を打ち出す。ざっと、ここ最近放送された一端を拾っただけでも、

    〈「第二の人生」で田舎暮らし〉(テレビ朝日)

    〈楽園暮らし憧れ居住者増“日本一住みたい”島根・大田市〉(朝日放送)

    〈激化する“人口争奪戦”移住の好条件 続々…〉(テレビ東京)

    〈切実 田舎に移住するシングルマザー 人口減に悩む町が後押し〉(よみうりテレビ)

     といった恰好で、歯の浮くような惹句のオンパレードである。

     しかし、実際の暮らしぶりに目を向けてみると、さにあらず。日常のゴミ出しさえままならない、暗澹たる現実が横たわっている。それは、「移住人気日本一」(NPO「ふるさと回帰支援センター」調べ)を誇る、山梨県とて例外ではない。

     まず、私が暮らす、山梨県北杜市の実態をご紹介しよう。

    ■20キロ先からゴミ運び

    惨めで気の毒な「越境ゴミ捨て行」

    (出典 lpt.c.yimg.jp)



     11月初旬、標高1000メートル付近の八ヶ岳南麓の朝はすでに氷点下である。冠雪した駒ヶ岳を擁する南アルプスを一望する市の総合分庁舎の駐車場。ここに、朝7時半を回った頃から、三々五々、四駆車や軽トラが続々と集まってくる。

     ドライバーの目的は山々を睥睨(へいげい)するためでは断じてない。ここは、他ならぬゴミ収集所なのだ。地元集落のゴミ収集所に持ち込むことが“許されない”“認められない”移住者たちのための……。

     運転席から降りると、かじかむ手を擦りながら、後部座席やハッチバックのドアを開ける。積まれているのは、大量のゴミ袋。その日は「燃えるゴミ」の収集日で、駐車場の端に特設された巨大なゴミ集積倉庫(上の写真)に、ゴミ出しに来るのだ。

     平成の大合併で、8町村が合併して誕生した北杜市は、県下最大の広さ。市境から市境までの最長部分はおよそ90キロにも達する。

     その広域さゆえに、10キロ、15キロ、場合によっては20キロ先からゴミを運んでくる者も少なくない。20キロとは、東京で言えば、日本橋から調布の味の素スタジアムまでの距離である。ほとんどハーフマラソンだ。

     1カ月ほど前に神奈川は横浜から移住してきたという初老の男性に訊ねると……。

    ■「市は干渉できない」

    「ネットで手ごろな中古物件があったんで、夏場のうちにと思って移住したんだけど、自治会に入ってないとゴミは出せないって聞いて、ここまで運んできてますよ。どうも、自治会のほうが加入を認めないっていう話だったから。いちいち車にゴミを積んでガソリン使って、ゴミを捨てに何キロも走るっていうのはね、産廃じゃないんだからね。それに、体力的にいつまでできるのか」

     一体どういうことなのか。

    >>2以降に続く

    デイリー新潮 1/3(水) 7:59
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180103-00535075-shincho-life&p=1


    【【移住ブーム】移住者はゴミ出し禁止、20キロ先からゴミ運び 絶対の年功序列… 移住民が落ちた「村八分」地獄 】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 pssection9.com)



    1 サーバル ★ :2018/01/03(水) 16:58:55.94

    2018年01月03日 11時16分00秒
    Intelのプロセッサチップに根本的な設計上の欠陥が発覚、各OSにアップデートの必要性

    ここ10年間に製造されたIntelのプロセッサに、設計上の欠陥が見つかりました。最悪の場合、パスワードやログインキー、キャッシュファイルなどが格納されたカーネルメモリーの内容を読み取られる恐れがあるとのことなのですが、Intel x86ハードウェアに存在する欠陥のため、マイクロコードアップデートでは対応不可能で、各OSがソフトウェアレベルで修正をかけるか、バグのない新たなプロセッサを導入する必要があるとのこと。

    このバグは、データベースアプリケーションからウェブブラウザのJavaScriptのようなものまで含めた普通のユーザープログラムでも、保護されたカーネルメモリーをある程度まで認識できるというもの。

    カーネルメモリーにはパスワード、ログインキー、ディスクからキャッシュされたファイルなど、秘密にしておくべき情報も格納されているため、通常はユーザープロセスやユーザープログラムからは隠された状態になっていますが、欠陥が存在することにより、ブラウザで実行中のJavaScriptや共有パブリッククラウドサーバー上で実行されているマルウェアによって情報を盗み見られる恐れが出てきます。

    「python sweetness」によれば、影響は仮想メモリを実装している現代のすべてのCPUアーキテクチャに及び、完全に解決するにはハードウェアの変更が必要になるとのこと。

    対策の1つとして、カーネル・ページ・テーブル・アイソレーションを利用して、カーネルメモリーをユーザープロセスから完全に分離する方法が挙げられていますが、この方法だとIntelのプロセッサを搭載したPCの動作速度は落ちることになります。

    この件に関して、The RegisterではIntelの広報担当者からのコメントを得られなかったとのことです。
    http://gigazine.net/news/20180103-intel-processor-design-flaw/



    Intel Secretly Firefighting a Major CPU Bug Affecting Datacenters?

    There are ominous signs that Intel may be secretly fixing a major security vulnerability affecting its processors, which threatens to severely damage its brand equity among datacenter and cloud-computing customers. The vulnerability lets users of a virtual machine (VM) access data of another VM on the same physical machine (a memory leak). Amazon, Google, and Microsoft are among the big three cloud providers affected by this vulnerability, and Intel is reportedly in embargoed communications with engineers from the three, to release a software patch that fixes the bug. Trouble is, the patch inflicts an unavoidable performance penalty ranging between 30-35%, impacting the economics of using Intel processors versus AMD ones.
    https://www.techpowerup.com/240174/intel-secretly-firefighting-a-major-cpu-bug-affecting-datacenters


    【【エラッタ】IntelのCPUに深刻な欠陥 Core i世代以降が対象 パッチを当てると性能30〜35%低下 】の続きを読む

    このページのトップヘ