新鮮の速報

2CHなどの生活に関連ある記事を更新しています。

    • カテゴリ:


    (出典 www.goyah.net)



    1 のっぺらー ★ :2017/10/07(土) 16:44:21.83

    小学生の女児2人に対して下半身を露出したとして、兵庫県警伊丹署は7日、
    県迷惑防止条例違反容疑で、兵庫県伊丹市内の中学3年の男子生徒(15)を逮捕した。
    容疑を認めている。

    逮捕容疑は、9月22日午後4時50分ごろ、伊丹市内の路上で、
    小学2年の女児2人=いずれも(8)=に背後から近づき、下半身を見せつけて
    「これ触ってみる?」「これ食べてみる?」などと声をかけたとしている。

    同署によると、現場周辺では今月6日までに、
    ほかにも小学1~3年の女児4人が同様の被害に遭っているといい、関連を調べている。

    以下ソース:産経west 2017.10.7 16:31
    http://www.sankei.com/west/news/171007/wst1710070055-n1.html


    【【兵庫】「触ってみる?」「食べてみる?」小学女児に下半身見せつけ疑い、中3男子逮捕 伊丹署】の続きを読む

    1:2017/10/07(土)15:33:18 ID:

    ■ソース元記事名/最近、紙の新聞を読んでますか? 新聞は今、誰がどう読んでいるのか


    新聞の読者層とは
    では、新聞はどのような年齢層で読まれているのでしょうか。前出のソースから読売新聞の購読世帯のプロフィールを見ていきましょう。

    開示されているデータでは、
    60歳代以上が41.4%
    50歳代が27.3%となっています。
    つまり、50歳代以上が約70%を占めることになります。

    一方、より若い層に目を向けると
    29歳以下の購読世帯数はわずか0.7%
    30歳代も7.2%に過ぎません。

    つまり39歳以下の比率は約8%です。
    39歳以下というと、学生時代には携帯電話が当たり前のようにあり、スマホも自由に使いこなせる世代です。

    冒頭にご紹介した新聞を購読していない経営者は30歳代でした。
    経営者として新聞を読まないのはいかがなものかという批判は
    あるにせよ、必ずしもイマドキのビジネスパーソンが紙の新聞を
    購読しているとは言えない状況にあるようです。

    現在39歳以下の層がこれから年齢を重ねていったときに、
    紙の新聞に対する接点をどのように確保するのか、
    またどのようなメディア―紙かネットなのか―といった議論が必要でしょう。

    (以下、大部分を省略)

    Yahoo!ニュース/9/3(日) 20:25配信 投信1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00004033-toushin-bus_all&p=2
    2:2017/10/07(土)15:35:35 ID:
    真面目な話経済のニュースに思想ベースでフェイク混ぜるから経営者は読んだら不味いだろ
    3:2017/10/07(土)15:35:51 ID:
    紙媒体は一紙しか読めない
    読むだけ無駄
    ネットで読むと良い
    ネットで読む層はカウントしてないだろ
    【【話題】39歳以下の世代では約8%しか新聞を読まない[H29/10/7]】の続きを読む



    (出典 camp.ngworks.net)



    1 ノチラ ★ :2017/09/30(土) 13:50:39.11 ID:CAP_USER.net

    宅配最大手のヤマトホールディングス(HD)が28日に発表した法人向け運賃値上げなどの影響で、インターネット通販各社の送料値上げが相次いでいる。アスクルは10月から、千趣会は11月からの送料一部値上げを発表。宅配費用の値上げ分を消費者へ価格転嫁する動きが広がってきた。

     事務用品通販大手のアスクルは、運営するネット通販サイト「ロハコ」で10月2日注文分から、900ミリリットル以上の飲料ケース約80商品に「特別配送料」350円を加算する。また、沖縄本島を除く離島への配送に「離島配送料」350円を加算。ロハコは1900円以上の注文で配送無料となるが、これら二つのケースでは配送料が発生することになる。

     通販サイト「ベルメゾン」などを運営する千趣会は11月1日注文分から、注文金額5000円未満の送料を従来の350円から490円に値上げする。主な配送を委託している佐川急便が大口顧客への運賃を値上げしたため。同社は「社内でコストを吸収するよう価格維持に努めたが、現状のまま提供することが困難になった」と話している。

     また、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイの前沢友作社長も、自身のツイッターで10月1日正午からの送料変更を告知している。

     一方、ヤマトの最大の取引先であるネット通販大手のアマゾンジャパンは「個社との契約についてはコメントできない」と話す。ただ、これまでは商品の大きさにかかわらず一律に大型梱包(こんぽう)材を使用する傾向だったのに、最近は小袋など小型の梱包資材での発送が増えており、荷物の大きさで異なる運賃への対応が狙いとみて「値上げ容認の動かぬ証拠」(大手通販幹部)と指摘する声も出ている。「アマゾンは4~5割の運賃値上げを容認したとみられる。アマゾンでさえ値上げを受け入れたのだから、他社も値上げは避けられないだろう」(業界関係者)と、影響の広がりが予想される。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000084-mai-bus_all


    【【EC】ネット通販相次ぐ配送料値上げ 広がる消費者へ価格転嫁】の続きを読む

    このページのトップヘ