新鮮の速報

2CHなどの生活に関連ある記事を更新しています。

    1:2017/09/28(木)18:17:49 ID:

    2017年9月28日 14時31分
    刃物の町として知られる岐阜県関市は、高校生発案の「日本刀アイス」を井村屋の「あずきバー」で共同製作。
    「日本刀アイス『あずきバー』」として10月7日と8日に開催する「第50回刃物まつり」で展示する。

    「日本刀アイス『あずきバー』」は、関市の「日本刀アイス」のアイデアをもとに、“固いアイス”として知られている「あずきバー」で
    約65センチの刀身を再現したもの。

    50回目を迎えた「刃物まつり」を記念し、“固い”「あずきバー」を利用した“固い”「日本刀アイス」を井村屋と共同で製作した。
    「日本刀アイス『あずきバー』」は非売品で、「第50回刃物まつり」内の関鍛冶伝承館で2日間限定で展示される。

    また、「第50回刃物まつり」では、「あずきバー」ではない「日本刀アイス」も販売。
    「日本刀アイス」は、刀身がアイスクリーム、鍔がクッキーの日本刀をかたどった和風アイススイーツ。

    (以下略)

    livedoorニュース/BIGLOBEニュース 2017年9月28日 14時31分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13675530/

    2:2017/09/28(木)18:21:50 ID:
    俺の股間のあずきバーほどではないな
    3:2017/09/28(木)18:27:00 ID:
    あずき桃山時代の伝承(^.^)
    【【話題】「あずきバー」固すぎてついに日本刀になる「刃物まつり」で展示[H29/9/28]】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 cdn3img.railf.com)



    1 イセモル ★ :2017/09/28(木) 21:25:53.00

    東海旅客鉄道(JR東海)は、次期新幹線車両「N700S」で採用する新技術を5つ発表した。N700Sは2018年3月の完成にむけて準備を進めており、採用する新技術についてすでにいくつか発表している。

    今回、新たに検証が済んだという、5つの技術を発表した。このうち4つが新型台車に関連するもの。残り1つがパンタグラフに関するものである。

    *****
    引用ここまで全文は下記よりお願いします。
    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/092709327/?ST=SP

    今回は5つの技術を発表。JR東海のスライド。

    (出典 techon.nikkeibp.co.jp)

    新型台車の新技術は4つ。JR東海のスライド。

    (出典 techon.nikkeibp.co.jp)

    台車フレーム。JR東海のスライド。

    (出典 techon.nikkeibp.co.jp)

    6極駆動モーター。JR東海のスライド。

    (出典 techon.nikkeibp.co.jp)

    歯車装置。JR東海のスライド。

    (出典 techon.nikkeibp.co.jp)

    フルアクティブ制振制御装置。JR東海のスライド。

    (出典 techon.nikkeibp.co.jp)

    パンタグラフ。JR東海のスライド。

    (出典 techon.nikkeibp.co.jp)


    【【鉄道】JR東海、新幹線の次期車両「N700S」の新技術を追加発表!(イラストでわかる)】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 o.aolcdn.com)



    1 かばほ~るφ ★ :2017/09/28(木) 11:21:21.42

    電気自動車開発を加速 トヨタ マツダ デンソーが新会社設立へ
    9月28日 10時33分

    世界的に自動車の環境規制が強まる中、需要の拡大が見込まれる電気自動車の開発を加速させようと、
    トヨタ自動車とマツダ、それに自動車部品メーカー最大手のデンソーは、
    開発を担う新会社を共同で設立する方針を固めました。

    トヨタ自動車とマツダは、これまで電気自動車を量産してきませんでしたが、ことし8月、
    互いに500億円を出資して資本提携することで合意し、電気自動車を共同開発する方向で検討を進めてきました。

    その結果、関係者によりますと、両社は開発を加速させる必要があるとして、
    自動車部品メーカー最大手の「デンソー」とともに、新会社を共同で設立する方針を固めました。

    新しい会社では、電気自動車の開発にかかる、ばく大なコストを抑えるため、
    幅広い車種で使える部品などの開発を急ぐ方針で、今後、
    この会社を軸に電気自動車の分野でほかのメーカーとの連携が広がることも予想されます。

    世界最大の自動車市場、中国やヨーロッパでは、大気汚染への対策としてガソリン車の販売禁止を検討するなど、
    電気自動車の普及を進めるいわゆるEVシフトが鮮明になっています。

    このため、ヨーロッパの大手メーカーや日産自動車のグループなどが相次いで電気自動車の生産を
    大幅に増やす方針を打ち出していますが、世界の主要グループの一角を占めるトヨタのグループが
    本格的に開発に乗り出すことで、主導権争いが一段と激しくなりそうです。

    NHK NEWSWEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170928/k10011159431000.html


    【【自動車】電気自動車開発を加速 トヨタ、マツダ、デンソーが共同で新会社設立へ】の続きを読む

    このページのトップヘ