新鮮の速報

2CHなどの生活に関連ある記事を更新しています。

    2017年11月



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 のっぺらー ★ :2017/11/28(火) 22:37:35.92

    28日午前11時半ごろ、徳島県松茂町中喜来のローソン松茂中喜来店駐車場で、
    道路舗装会社員山下拓也さん(25)=徳島市=が、
    バックしてきた別の道路舗装会社員男性(46)=徳島市=運転の2トントラックにひかれた。
    山下さんはその場で死亡が確認された。
    死因は脳挫傷。

    徳島北署によると、山下さんとトラックを運転していた男性は同日午前10時ごろから、
    男性の会社の同僚3人と一緒に、ローソン松茂中喜来店駐車場の舗装を修繕していた。

    次の作業現場に移動するためトラックをバックさせた男性が、
    トラックの後方でしゃがみ込んで携帯電話で通話していた山下さんをひいた。
    バックした際に警報音は鳴っていたという。

    男性は「山下さんに気付かなかった」と話しており、
    署は後方確認が不十分だったとみて詳しい事故原因を調べている。

    写真:事故を起こしたトラック

    (出典 www.topics.or.jp)


    以下ソース:徳島新聞 2017/11/28 20:57
    http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/11/2017_15118711516797.html


    【【徳島】トラックの後方でしゃがみ込んで携帯電話で通話していた男性(25)、バックしたトラックにひかれ死亡 松茂町 】の続きを読む



    (出典 tblg.k-img.com)



    1 らむちゃん ★ :2017/11/28(火) 19:51:10.56

    CanCam2017年11月28日 11時35分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13951502/

    全国的に寒い日が増えてきて、体の底からあたたまるラーメンが恋しい季節、到来?

    ラーメンって、味によって、そしてお店によって、まったく違う食べ物になると言っても差し支えないものですよね。あなたはどんな味のラーメンが好きですか?

    王道のしょうゆ、濃厚なみそ、あっさりからこってりまでバリエーション豊かなとんこつ、シンプルなだけに奥深い塩……。みんな違ってみんないいものですが、いったいどの味が最も人気なのか、女性140名に調査しました。

    その結果は……思ったよりもかなり割れる結果に!

    少数回答としては「つけ麺」「混ぜそば」「トマト」なども寄せられましたが、ほとんどは「しょうゆ」「みそ」「とんこつ」「塩」の王道4つに集中!

    早速ランキングを見ていきましょう。

    ◆女性に調査!「いちばん好きなラーメンの味」ランキング

    4位 しお 12%

    あっさりさっぱりなイメージがある「塩」が4位。もう少し支持されてもいいような……と思いましたが、1割強にとどまりました。

    塩は、ごまかしが効かないぶん、最も難しいスープと聞いたことがあります。確かに、塩ラーメンって、「さっぱりというか味が薄いだけ……?」というものもわりと存在しますが、美味しい塩ラーメンは思わずスープを全部飲み干したくなりますよね。かなり差が大きいラーメンです。でも、だからこそ奥深い魅力があるものです。

    そしてここからの3つはほぼ僅差!

    (画像など全文は配信先で読んでください)


    【【食】選べない!好きなラーメンの味ランキング、4位しお、3位みそ。1位は…さあ、どっち!? 】の続きを読む



    (出典 wanna-blog.com)



    1 ハンバーグタイカレー ★ :2017/11/26(日) 08:39:20.50 ID:CAP_USER9.net

    http://www.sankei.com/smp/economy/news/171126/ecn1711260006-s1.html

     政府・与党は25日、海外の通販業者などが日本国内に倉庫を所有している場合も課税できるよう法人税法を改正する方針を固めた。現行法では、企業は日本に支店や工場などの「恒久的施設(PE)」を持たなければ法人税は本社がある国で徴収されるが、条件付きで倉庫もPEに認定する。米通販大手アマゾン・コムのように日本に物流倉庫を持ちながら法人税が課税されない問題に対応する。

     平成30年度の税制改正の議論で改正案を詰め、12月14日にまとめる税制改正大綱に盛り込みたい考え。PEの定義の見直しは昭和37年度の改正以来となる。

     現行の法人税法では、PEを事業活動をしている一定の場所と定義。支店や工場、工期が1年を超える建設工事現場、海外企業の代理人として国内で活動する業者が該当する。倉庫については、物品の保管など、本来の事業の補助的な機能の施設との理由からPEの対象から外れていた。

     改正案では、PEの定義を見直し、倉庫については、利益につながる価値が創造されたと認定できる施設はPEとみなし、適正な納税を求められるよう新たな規定を設ける。国際的な租税回避防止のためPEの定義の見直しを進める経済協力開発機構(OECD)の取り組みなどを参考に、今後、詳細を詰める。

     PEの定義は、日本国内の法人税法と、日本と各国が結んでいる租税条約では異なっており、原則、租税条約が日本の国内法に優先する。日本や欧州など約70カ国が署名したOECDの租税回避防止の多国間協定では、同様にPEの定義を見直しており、協定参加国間では新たな定義が適用される見通しだ。

     ただ、アマゾンなどグローバル企業を多く抱える米国は協定に参加しておらず、日本と米国が結ぶ租税条約では現在の日本の法人税法で定めたPEの定義がそのまま採用されている。今後は、法人税法の改正に伴い、米国との租税条約にも新たな定義を反映させたい考えだ。


    【【社会】アマゾンにも課税!? 来年度税制改正 法人税法見直し 海外通販業者の倉庫も徴税対象に】の続きを読む



    (出典 robotstart.info)



    1 ノチラ ★ :2017/10/26(木) 15:36:42.68 ID:CAP_USER.net

    アップルが開発したヴァーチャルアシスタント「Siri」は2011年の登場時、大きな脚光を浴びた。そのままSiriは市場を独占するかと思われたが、いまやアマゾンのAlexaやグーグルのGoogleアシスタントに遅れをとってしまっているようだ。アップルはどうすればSiriを再び復活させられるのだろうか?

    アップルは遅れて市場に参入し、優れたプロダクトで競合製品を一掃することで有名だ(iPhoneやiPodを思い浮かべてみてほしい)。ただし、ヴァーチャルアシスタントである「Siri」の場合はそうではなかった。

    アップルは2011年10月4日、「iPhone 4S」とともにSiriを発表した。スティーブ・ジョブズの死の前日だ。デヴァイスに話しかければ、アラームを設定したりメッセージに返信したりできるという機能はまさに革命的で、ほかのテック企業がこれを実現するまでにはかなりの年月を要した。

    アマゾンがスマートスピーカー「Amazon Echo」の発売に合わせてAlexaを公開したのは14年、そしてGoogleアシスタント(独創的なネーミングとは言い難い)がようやくお目見えしたのは16年夏のことだ。

    しかし、こうした新参者たちは、いまやSiriより多彩な機能をもつ。そして各社が提供する製品においても、中心的な役割を担いつつある。

    市場調査会社ガートナーでコンシューマーテクノロジーを担当するブライアン・ブラウは、「現状では、ヴァーチャルアシスタントについてはグーグルとアマゾンに軍配が上がる」と話す。「Siriはその他メーカーと競えるほどには洗練されていない」

    10月4日に行われたグーグルの新製品発表イヴェントは、この差が拡大していることを浮き彫りにした。Googleアシスタントは、ほぼすべての製品(ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」、スマートフォン「Pixel」シリーズの新型2モデル、ホームスピーカー「Google Home Max」と「Google Home Mini」、ノートPC「Pixelbook」)の要となっている。グーグルのCEO、サンダー・ピチャイは壇上で「シームレスにコンピューターとやりとりができるようになります」と強調した。

    さらに、Siriには太刀打ちできない新機能も明らかになっている。グーグルのホームスピーカーでは音声認識が可能なのだ。つまり「OK、Google。ママに電話して」と言えば、デヴァイスは連絡先一覧から義理の母親ではなく、ちゃんと自分の母親を探し出して電話をかけてくれる。これはAlexaにもまだできない芸当だ。

    後れをとってしまったアップル

    アップルは今年12月、初のスマートスピーカーとなる「HomePod」の発売を予定するが、専門家は販売台数ではグーグルやアマゾンに数千万台の後れをとるだろうと予測する。HomePodにはSiriが組み込まれるが、ティム・クックはこの新製品をiPodの後継機と位置づけており、多機能なヘルパーというよりは「音楽を聴くという体験の改革」としての意味合いが強い。実際のところ、スマートスピーカーであることに変わりはないとしても、だ。

    アマゾンとグーグルは、アップルがApp Storeを使ってやってのけた戦略を真似て、他社製品に自らのヴァーチャルアシスタントを採用してもらう取り組みを強化している。アマゾンによれば、AlexaのAIプラットフォームに外部機能を付加する「スキル」の数は2万5,000件を超え、自動車やテレビなどの家電へのAlexaの組み込みが進んでいる。

    Googleアシスタントもソニーなどの製品に採用されている。さらにグーグルは、Homeシリーズ対応のアプリやゲームの開発促進に向けたツールを公開した。一方、アップルはデヴェロッパー向けに提供するSiriKitでサポートするカテゴリーを制限している。

    HomePodの発売に向けて、Siriのアップグレードの一部が延期される可能性もあるという。アップルは新しい機能やテクノロジーについて、それが完璧になるまでは慎重に動く傾向があるからだ。ベータ版でも進んで公開するグーグルとは対照的な姿勢である。
    以下ソース
    https://wired.jp/2017/10/25/siri-why-have-you-fallen/


    【【IT】アップルの「Siri」は、なぜアマゾンやGoogleの人工知能に後れをとってしまったのか 】の続きを読む



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 ベンゼン環◆GheyyebuCY :2017/11/27(月)18:44:16 ID:SRC

    驚安の殿堂を謳うディスカウントストア ドン・キホーテは27日、
    プライベートブランドのパソコン「MUGA ストイックPC」を
    12月1日より全国発売すると発表した。

    価格は、ほぼ市場最安値となる19,800円(税別)前後としている。


    形状はノートPCで、OSはWindows 10 Home、メモリーは2Giバイト。
    割り切り仕様だが画面は14.1インチでフルHD(1920×1080)に対応
    しており、画面にはこだわっているとしている。


    詳細はソースをご覧下さい

    ソース

    News Release (PDF)
    2017年11月27日
    http://www.donki.com/updata/news/171127_i2wRH.pdf


    【【経済】ドン・キホーテ、1万9800円のパソコンを発売 [H29/11/27]】の続きを読む

    このページのトップヘ