新鮮の速報

2CHなどの生活に関連ある記事を更新しています。

    2017年11月



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 らむちゃん ★ :2017/11/26(日) 17:40:47.88

    財経新聞2017年11月26日 10時56分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13942522/

     全国に住む20歳以上を対象とした調査によると、40代を中心に1人で鍋料理を楽しんでいる人が増えつつあることが分かった。

    【こちらも】おひとり様の流行は「高級店」か? ひとり利用するサービスの実態調査

    ■今年の鍋料理の出足は遅め
     アサヒグループホールディングスのお客様生活文化研究所が運営する情報発信型ウェブサイト「青山ハッピー研究所」(愛称:ハピ研)は22日、鍋料理をテーマに全国に住む20歳以上の男女602人を対象とした調査結果を発表した。

     これによると、調査対象期間(11月15~21日)までの今冬に、もう鍋料理を食べたと答えた人は72.8%。昨年同時期の調査結果(75.0%)と比較して、やや少なかったことから、「全国的に本格的な冷え込みが遅かったせいか、鍋物需要の伸びがやや鈍い」と分析している。

     また鍋物の頻度では、週1回程度(30.6%)、月2~3回程度(26.1%)、週2~3回程度(24.6%)の順だったが、ほとんど食べない(6.7%)人や、ほぼ毎日(1.2%)との回答もあった。

    ■人気の鍋は、すき焼き、おでん、水炊き
     人気鍋ランキングでトップだったのがすき焼きで、49.8%(複数回答)と、概ね2人に1人が選んでいる。以下、おでん(39.7%)、水炊き(33.2%)、寄せ鍋(31.5%)、キムチ鍋(27.1%)、しゃぶしゃぶ(24.4%)、もつ鍋(13.7%)、ちゃんこ鍋(13.0%)、湯豆腐(12.8%)、牡蠣鍋(8.2%)の順だった。

     ただし「鍋料理の良い点」の答えでは、野菜がたっぷりと摂れる(71.6%)、カラダが温まる(61.2%)、下準備・料理するのが簡単なので(45.2%)、洗いもの、片づけがラクチンなので(24.8%)、が上位に来ている。

    (全文は配信先で読んでください)


    【【食】1人鍋を楽しむ人が増加、今冬は7人に1人が経験 すき焼き、おでん、水炊き 】の続きを読む

    1:2017/08/04(金)09:02:32 ID:

    もう終わりやね
    2:2017/08/04(金)09:03:45 ID:
    娯楽が投げ売りって何?
    3:2017/08/04(金)09:05:00 ID:
    >>2
    ただで遊ぶ手段が増えたってことやろな
    【生活必需品がどんどん値上がりするのに、娯楽がどんどん投げ売りになってる現代日本】の続きを読む

    1:2017/10/21(土)14:58:41 ID:

    しかも取引の60%を日本が占めている模様
    安部ぴょんGJだね(選挙活動)

    3:2017/10/21(土)15:13:40 ID:
    変動激しいっすねぇ~
    4:2017/10/21(土)15:15:44 ID:
    バブルすぎる
    全力ではいけないw
    【ビットコイン、1ヶ月で50%の値上がりwwwwwwww】の続きを読む

    1:2017/11/25(土)17:39:12 ID:

    おにぎりが小さく、お弁当のご飯も少なくなるかも――。
    国によるコメの生産調整(減反)と交付金が今年で廃止されるのをにらみ、農家や産地がブランド米や補助が続く飼料米作りに力を入れている。
    その結果、米飯加工や外食業者に供給される業務用米が不足し、高騰している。

    スーパーや量販店におにぎりやすしなどを卸す大阪市の米飯加工会社「ダイワサミット」は、割安だが味の良い様々な業務用米を毎月約100トン使う。
    しかし仕入れ値が2年前より約20%高く、年間では数千万円の負担増となる。大竹勇人社長は「限界だ」と嘆く。

     得意先のスーパーに値上げを求めても「おにぎりは100円前後のイメージが定着している」と応じてくれない。大竹社長は「同額ならおにぎりを小さくできないか」と交渉している。

     コンビニなどにおにぎりや弁当を卸す「いいなダイニング」(大阪市)も、ご飯の減量の検討を始めた。

     日本炊飯協会(東京)は、主に外食や米飯加工用に流通する業務用米の価格を調べた。
    農協など出荷団体と卸業者らとの相対取引価格(玄米60キロ、22銘柄平均)は、2014年産は1万448円だったが、17年産(10月)は1・4倍の1万4895円へ急騰した。

     しかし消費者の負担増は一部にとどまる。首都圏を中心にコンビニ店を展開するスリーエフは、今年4月からおにぎり1個を3~5円値上げした。
    大阪市教育委員会は15年度から、市立小学校の給食費(中学年)を1食あたり3円上げて230円にしたが、その後は据え置いている。
    市教委の担当者は「献立を工夫して、何とか更なる値上げは避けたい」と話す。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000029-asahi-bus_all
    2:2017/11/25(土)17:45:55 ID:
    "なるかも"じゃねえよ(´・ω・`)
    3:2017/11/25(土)17:51:15 ID:
    業者はどこも出所不明な安い米を買おうとするよな
    【コメの値上がりでスーパーやコンビニのお弁当の白米が減る恐れ】の続きを読む



    (出典 life-hacking.net)



    1 ばーど ★ :2017/11/23(木) 10:21:11.95


    (出典 news.tbs.co.jp)


    「たばこ離れ」が進むなか、人気を集めるのがニオイの少ない加熱式たばこです。いま、税をめぐる議論で、その増税が焦点の一つとなっています。

    バリスタが入れた本格コーヒーを楽しめる東京・中央区のお店。カフェかと思いきや・・・実は加熱式たばこの専門店です。紙巻たばこのように灰が出ず、ニオイも少ないのが特徴です。

    「火を使わないで吸えるって、すごく安心」(利用者)
    「健康に良いイメージがあったので、加熱式たばこに変えた」(利用者)

    いま、紙巻たばこから加熱式たばこに切り替える人は急増しています。しかし、この加熱式たばこをめぐって、ある議論が浮上しました。

    「えー、とんでもない。吸っている人みんなでデモした方がいいんじゃない」

    税をめぐる議論で、加熱式たばこへの増税が焦点の一つになっているのです。たばこ業界からは・・・

    「急激に大幅に増税ということになると、お客様に大変なご迷惑をかける。断固反対してまいりましたし、これからも反対」(JT 小泉光臣 社長)

    現在、国内で販売されている3種類の加熱式たばこ。この3種類にかかるたばこ税の税率は7.5%から41.8%、

    一方、1箱440円の紙巻たばこの税率は55.7%。加熱式のたばこ税は使う葉っぱの量に応じて課税されるため税の負担が少なくなるのです。つまり、加熱式たばこへの切り替えが進めばその分、税収は落ち込むため、政府は来年度にも税率を引き上げる方向で検討を始めたのです。


    「正直、上げてほしくない」(利用者)

    「たばこ1箱1000円の国とかあるので、もうちょっと課税しても大丈夫かな」(利用者)

    明治時代から5代にわたって葉タバコを栽培してきたこちらの農家。増税で“たばこ離れ”が加速すれば廃業を余儀なくされるといいます。

    「苦しいながらも作っている。一番税金取りやすいから、たばこ。こんな政府はない」(たばこ農家 和田政男さん)

    自民党の議員からも・・・

    「整合性がない。非常にタチの悪い大衆課税だ」(自民党議員)

    消費者と生産者を悩ます増税。政府は年末にまとめる税制改正大綱に盛り込むことを考えています。

    配信11月22日16時26分
    TBSニュース
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3218397.html


    【【たばこ】人気だから増税?「加熱式たばこ」増税検討、「タチの悪い課税」の声も 】の続きを読む

    このページのトップヘ