新鮮の速報

2CHなどの生活に関連ある記事を更新しています。

    2017年12月



    (出典 www.bashonorin.com)



    1 アルカリ性寝屋川市民 ★ :2017/12/07(木) 22:45:48.61

    国の原子力災害対策本部は7日、基準値を超える放射性セシウムを検出したとして、長野県軽井沢町と富士見町で捕獲されたシカの肉の出荷を制限するよう同県に指示した。
     厚生労働省によると、11月13日に富士見町で捕獲されたシカ肉から食品衛生法が定める基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える160ベクレルの放射性セシウムを検出した。
     軽井沢町のシカ肉は5年前に140ベクレルを検出したが、流通していないとの理由で出荷自粛にとどまっていた。今回、50キロ以上離れた富士見町のシカ肉が基準値を超えたため、軽井沢町も出荷制限の対象とした。
    (共同)

    東京新聞(共同通信) 2017年12月7日 18時32分
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017120701001587.html


    【【長野】長野のシカ肉、出荷制限 基準値超のセシウム検出 】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 blog-imgs-67.fc2.com)



    1 泥ン ★ :2017/12/07(木) 14:15:40.32

    ネットで知り合った未成年者と会うと逮捕される危険性が高まる?

    (出典 d32ykwlsv89461.cloudfront.net)


    ゲームアプリで知り合った女子高生を自宅に連れて行った男性が誘拐の容疑で逮捕される事件が発生。ネット上では「これだけで誘拐?」と話題になっている。

    群馬県警大泉署は11月28日、埼玉県川口市の28歳の男性会社員を未成年者誘拐の疑いで逮捕した。FNNニュースによると容疑者は、ゲームアプリで知り合った群馬県に住む高校2年生の女子生徒に対し「どこに住んでるの」「俺も会いたいよ」などとメッセージを送り、群馬県大泉町の公園付近に誘い出し、自分の車に乗せて、自宅アパートに連れて行ったという。女子高生の父親が通報したことで事件が発覚。女子高生に怪我などはなく、2人が会ったのはこれが初めてだった。

    事件の細部にわたって報じられているわけではないので、詳細は分からないが、ネットで知り合った女子高生を自宅に連れて行ったことで逮捕された今回の事件。Twitterでは、

    “ゲームで知り合って待ち合わせして車乗せて自宅に連れてったら誘拐になるのか…まじか”

    “まて、どういうことだ? ”連れ去った”とか”拉致した”とか”暴行した”ではなく「ゲームで知り合ったJKを自宅に連れて行った」で誘拐になるのか(´・ω・`)”

    “なんでこれが誘拐になるのか、 まずそこから教えてくれ”

    と、報道で知る限りでは、いわゆる“誘拐”とは違うのではないかと考えるネットユーザーが多い。

    弁護士ドットコムによれば、法的に「略取・誘拐」とは、不法に人を生活環境から離脱させ、自己(犯人)もしくは第三者の実力的支配下に置くこととされている。このうち暴力や脅迫によって連れ去ることが「略取」で、だましたり誘惑したりして連れ去ることが「誘拐」となる。今回の事件は、女子高生に怪我などを負わせることなく連れ去っているということで、「誘拐」となるのだ。

    また、同サイトに寄せられている同様の質問に対する回答をみてみると、未成年者と行動をともにする場合、本人が同意していても、保護者が同意していなければ、保護者の監護権を侵害していると解釈することが可能。今回の事件も女子高生の父親が通報しているため、誘拐罪として逮捕に至ったといえる。

    今後、この事件が起訴されるかどうかは分からないが、いずれにしろ保護者の同意なしに未成年者をどこかへ連れて行くことは、犯罪になる可能性があるということだろう。Twitterでは、

    “未成年者自宅に連れ込むのは誘拐になるから下心がないならなおさらしたらあかんということでええのちゃうかな…”

    “女同士(同性同士)のオタクの間とかでも良くある問題 先方の親御さんの解釈次第で誘拐にも何でもなる。 認定されたらアウト。 だから未成年とは関わらないポリシーの女オタクもいる。”

    といったように、不用意に未成年者と交流を持つこと自体がリスクになるという意見も多い。

    SNSやスマホアプリを介して事件に巻き込まれる未成年者が増えているのは事実。その結果、警察の取り締まりも厳しくなっているわけだが、だからこそ大人としては誤解されるような行動をつつしむべきだといえる。相手が未成年者であるとわかっているなら、保護者の許可なく会わないことが得策だといえそうだ。

    (小浦大生)

    STANDBY 2017.12.05
    http://www.standby-media.jp/case-file/172334

    前スレ:2017/12/07(木) 01:24:14.18
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1512577454/


    【【社会】「これだけで誘拐?」 女子高生と自宅で遊んだだけで逮捕 ネットを介した事件の教訓 】の続きを読む



    (出典 cdn.buzz-plus.com)



    1 記憶たどり。 ★ :2017/12/07(木) 19:15:11.14

    パソコン量販チェーン「PCデポ」で契約した光回線サービスを解約しようとしたところ、契約解除の手数料として約21万4000円を請求された――。
    こんな投稿がツイッターに寄せられ、インターネット上で物議を醸している。

    高額手数料への不満をツイートした埼玉県在住の男性(47)は、J-CASTニュースの2017年12月6日夕の取材に、「(PCデポ側の対応について)不満は大きいです。
    解約金が高額になった理由をいくら尋ねても、納得ができる説明は一向になかった」と訴える。

    一方で、「PCデポ」を運営するピーシーデポコーポレーション(横浜市)は取材に対し、今回の男性の訴えを社内で調査した結果、「正規の対応であることが確認できました」と説明する



    (出典 www.j-cast.com)


    解約手数料の総額は「21万4576円」

    「途中解約を申し出たところ20万円かかると言われました」
    「全ての金額の根拠が意味不明です」
    PCデポとの契約をめぐるトラブルを訴えた男性は、11月7日のツイッターにこんな言葉を書き込んだ。
    いったい、何が起きたのだろうか。
    J-CASTニュースの取材に応じた男性の説明によれば、騒動の詳細は以下のような内容だった。

    まず、男性は15年10月18日、PCデポが提供する「ozzio光」という光回線サービスの3年プラン契約を結んだ。
    あわせて、同時に契約すればお得になるなどの説明を受け、パソコンやスマートフォン、無線LANのルーターなどを契約し、月割りで料金を支払うプランにも加入した。

    その後、男性は17年10月中旬、契約を結んでいた全サービスの解約を検討していることをPCデポ側に伝えた。
    解約を決めた理由については、「生活が苦しくなり、月あたり約1万8000円の利用料の支払いを止めたいと思った」と話す。

    男性は当初、「契約期間中の解約でもあり、数万円程度の支払いは仕方がない」と考えていた。
    しかし、PCデポ側が送ってきた見積書には、解約手数料の総額が「21万4576円」と記されていた。

    その内訳は、「ozzio光」3年プランの解約に7万1000円。スマートフォン、パソコンの購入プランの解約に計10万5248円、顧客サポートのサービスプランの解約に2万8328円だった。
    男性はツイッター上にも、この見積書の写真を公開している。

    続きはソース先で
    PCデポ「解約金」への不満ツイートが拡散 約21万円請求......企業側は「正規の対応」と説明 : J-CASTニュース 2017/12/ 6 20:56
    https://www.j-cast.com/2017/12/06315872.html?p=all

    ■関連スレ
    【株価】東証 PCデポが12%安 解約料金に関するネットニュース嫌気 4日続落
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1512550239/

    ★1がたった時間:2017/12/06(水) 23:01:54.45
    ※前スレ http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1512608340/


    【【ネット】PCデポ「解約金」への不満ツイートが拡散 約21万円請求 企業側は「正規の対応」と説明】の続きを読む



    (出典 d1d7kfcb5oumx0.cloudfront.net)



    1 ばーど ★ :2017/12/07(木) 14:44:16.15

    【車】「ガソリン車と同じ道走ってる」 EV普及で「走行税」浮上も ガソリン税収大幅減、財政再建に影


    【【車】「ガソリン車と同じ道走ってる」 EV普及で「走行税」浮上も ガソリン税収大幅減、財政再建に影 】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 www.naganonirin.com)



    1 右大臣・大ちゃん之弼 ★ :2017/12/07(木) 18:59:26.52

    和歌山県警御坊署は7日、知人女性の軽乗用車のブレーキを壊したとして器物損壊の疑いで、同県由良町の団体職員、川村拓也容疑者(38)を逮捕した。

     逮捕容疑は11月16日午前3時半ごろ、同県印南町の駐車場で知人女性(31)の軽乗用車のブレーキの配管部品に当たるブレーキホース4本すべてを切断したとしている。御坊署によると、川村容疑者は女性に好意を抱いていたといい「頼ってもらいたかった」と容疑を認めている。

     同日朝、女性がエンジンをかけた際にブレーキがかからず駐車場内のブロック塀に衝突、ブレーキホースが切断されていたことが分かり警察に届け出た。防犯カメラの映像などから川村容疑者が浮上した。


    2017.12.7 11:49
    http://www.sankei.com/west/news/171207/wst1712070033-n1.html


    【【和歌山】知人女性の車ブレーキホース切断か 「頼ってもらいたかった」 38歳男を逮捕 】の続きを読む

    このページのトップヘ