新鮮の速報

2CHなどの生活に関連ある記事を更新しています。

    話題



    (出典 www.ktq-kokoro.jp)



    1 紅あずま ★ :2018/01/02(火) 21:41:15.74

    頭部に微弱な電流を流し、統合失調症患者の生活技能を改善する研究
    財経新聞:2018年1月1日 11:44
    http://www.zaikei.co.jp/article/20180101/418976.html


    (出典 www.zaikei.co.jp)

    経頭蓋直流電気刺激(tDCS)施行の様子。(a)刺激発生装置、(b)アノード電極、(c)カソード電極、(d)電極固定用ストラップ、(e)ゴムバンド。(画像:国立精神・神経医療研究センター発表資料より)


     経頭蓋直流電気刺激(tDCS)。transcranial direct current current stimulation。1~2ミリアンペア程度の微弱電流を頭皮上から当てるという方式の、ニューロモデュレーションと呼ばれる施術の一種である。
    これが、統合失調症患者の認知機能障害を改善し、結果として日常生活技能の改善をもたらすことを、国立精神・神経医療研究センター(NCNP)が突き止めた。

     統合失調症の有病率は、総人口に対し約1%。近代精神医学において最も古くから知られる精神疾患の一つであり、長年に渡り無数の研究が重ねられているが、今日なお、その明瞭な原因すら明らかではない。

     主な症状は陽性と陰性の2グループに分けられる。陽性症状とは幻覚や妄想である。陰性症状は、意欲の低下、感情の平板化、記憶、注意力などの認知機能の障害を生じさせる。

     認知機能が低下するため、金銭管理、対人コミュニケーションなどの、さらに高次の機能にも当然障害が生じる。
    陰性症状の治療は全体に難しく、有効な治療方法は長年に渡り精神医学領域の悲願の一つであった。

     tDCSは、ぱっと聞くと昔あった電気ショック療法に似ていなくもないが、あれほど侵襲性があるわけではない。麻酔は要らないし副作用も少ない。
    うつ病などでは、既にその有効性が立証されており、統合失調症における有効性が研究されているところであった。

     今回の研究では、28人の患者に対し、1回20分、1日2回、5日間の施術が行われた。1カ月後に調べると、日常生活技能に有意な改善が見られたという。
    この研究は、tDCSの統合失調症の日常生活技能への効果を立証したものとしては、初めての研究例となる。

     なお、研究の詳細は、「Frontiers in Psychiatry」に掲載されている。


    【【医学】頭部に微弱な電流を流し、「統合失調症」患者の生活技能を改善 国立精神・神経医療研究センターが立証 】の続きを読む



    (出典 image.edita.jp)



    1 ハンバーグタイカレー ★ :2018/01/02(火) 16:43:28.35

    家庭紙大手が巻紙を従来の2~3倍にしたトイレットペーパーに商機を見いだしている。王子ネピア(東京・中央)は2018年春に「2倍巻き」の商品を発売。日本製紙クレシア(東京・千代田)も長尺型の製品の売れ行きが約2割伸びている。巻きが長いトイレットペーパーは製紙会社・小売店・消費者にとって利点が多い。三方よしの商品として人気が出ており、高まる需要を取り込みたい考えだ。

    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO25038700V21C17A2000000


    【【経済】トイレ紙ながーく大手各社、2〜3倍巻きに商機 】の続きを読む



    (出典 www.hiyoko.co.jp)



    1 ばーど ★ :2018/01/02(火) 12:03:49.50

    ひよこの形をした甘いまんじゅう「ひよ子」は、「東京みやげ」として知られていますが、一方で「福岡みやげ」としての認知度も高いものです。どうしてそうなったのでしょうか。

    関西では認識混在?

     ひよこの形をした甘いまんじゅうの「ひよ子」は、東京駅でも、博多駅でもみやげ物として売られています。

    東京駅で見られる「ひよ子」の看板

    (出典 contents.trafficnews.jp)


     博多駅で販売されている「ひよ子」を見ると、製造者は「株式会社ひよ子」とありますが、東京駅で売られているものは、「株式会社東京ひよ子」となっています。東京と福岡、どちらのおみやげなのでしょうか。福岡で「ひよ子」を製造販売する株式会社ひよ子(ひよ子本舗吉野堂、福岡市南区)に話を聞きました。

    ――ひよ子はどこのみやげといったらいいのでしょうか?

     私どもとしては、「福岡みやげ」でもあり「東京みやげ」でもある、と考えています。

    ――福岡で「ひよ子」を見た人はどのような反応をするのでしょうか?

     たしかに、関東や関西などから福岡へ来たお客様で「東京みやげでは?」と思われる方もいらっしゃいます。関東ではそのように知られていますし、関西でも百貨店などで「ひよ子」を売っているのですが、一部、東京から卸しているところもありますので、福岡のものか東京のものかという認識が混在している部分もあります。

    ――東京と福岡の「ひよ子」はどう違うのでしょうか?

     材料や製造工程などは一緒です。ただ、形については福岡のほうがスマート、東京のほうがややふっくらしています。製造する型は同じなのですが、気候や湿度の違いが影響しているのでしょう。

    ――東京の「ひよ子」をどう思っていますでしょうか?

     福岡での製造販売は株式会社ひよ子、東京では株式会社東京ひよ子として別会社にはなっていますが、代表者は同じです。当社としては、よきライバルどうしと考えています。

     そもそも「ひよ子」は1912(大正元)年に、現在の福岡県飯塚市の吉野堂という菓子店で誕生。同地は長崎から砂糖が運ばれた長崎街道の沿道に位置し、土地柄、甘いものが好まれたそうです。吉野堂はその後、1956(昭和31)年に福岡市の天神へ、そして1964(昭和39)年の東京オリンピックを機に東京へと進出しました。

     東京では東京駅八重洲口地下街や新宿のデパートなどで販売されたほか、台東区上野に「東京ひよ子」の営業拠点が構えられました。その理由について東京ひよ子は、「当時、北の玄関口だった上野駅売店での販売を通じて、北海道、東北、信越方面などの方に認知を拡げる狙いがありました」といいます。

    「東京に進出したのも、全国の方に『ひよ子』を味わっていただきたいという思いからです。『東京みやげ』か『福岡みやげ』かという認識は人それぞれだと思います。『ひよ子といえば東京』『でも発祥は福岡なんだよね』などと、『ひよ子』を通じて会話がはずんでくれればうれしいです」(東京ひよ子)

    福岡の「ひよ子」パッケージ。東京のものとは若干異なる

    (出典 contents.trafficnews.jp)


     さらに、「海外の方には『日本みやげ』として知ってもらいたい」と東京ひよ子は話します。「世界での認知はまだまだですが、九州から近い韓国では比較的知られています。成田空港の販売店などでも、韓国便のお客様がいらっしゃると、ポップや説明を見ず手に取っていただいているほどです」と話します。

    「ひよ子」は福岡と東京で基本的には同じであるものの、季節限定商品などはそれぞれで展開しており、たとえば福岡では秋から冬にかけ「栗」や「いちご」を、東京では「黒糖」や「紅茶」を発売します。そのほかにも福岡と東京とで独自の商品を多く販売しているといいます。

    配信2017.12.30
    乗り物ニュース
    https://trafficnews.jp/post/79233


    【【帰省みやげ】「ひよ子」はどこみやげ? 東京と福岡、ふたつの製造地 どっちの銘菓?東京はややふっくら 】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 (^ェ^) ★ :2018/01/01(月) 14:44:21.81

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25274060R31C17A2MM8000/

     政府は電磁波を使って敵の防空網や指揮通信システムを無力化する電子戦用の攻撃機を導入する検討に入った。米ボーイング社の「EA18G」などを候補とし、2018年末に改定する中期防衛力整備計画(中期防)に盛りこむ方向だ。地上の標的も狙えるため、敵基地攻撃能力の保有を巡る議論にも発展しそうだ。

     電子攻撃機は大量の電磁波を送り込み、敵の通信網やレーダーを機能不全にする。日本周辺では中国軍が電子戦などを担当…


    【【政府】電子攻撃機の導入検討 電磁波で敵の通信網やレーダーを機能不全に 】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 (^ェ^) ★ :2017/12/31(日) 21:44:42.29

    http://www.sankei.com/world/news/171231/wor1712310019-n1.html

     【台北=田中靖人】台湾の世界的な自転車メーカー「ジャイアント」の創業者、劉金標氏(83)が秋の叙勲で旭日中綬章を受章した。広島、愛媛両県を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」に販売・レンタル店を出し自らも走破するなど、日本の地域振興に貢献したことが評価された。

     劉氏は日本統治時代の台中生まれ。ウナギ養殖などを経て1972年、38歳で自転車の受託製造会社を起業。81年には自社ブランド「ジャイアント」も立ち上げ、2016年に会長を引退するまでに一代で世界的な企業に育て上げた。

     劉氏自身も自転車に乗る。73歳と80歳の時には自ら自転車に乗って台湾本島を一周し、「環島(台湾一周)」ブームを生んだ。

     「しまなみ海道」が有名になったのは、劉氏が12年に愛媛県知事の招きで走破し話題になったため。

     現在は滋賀県の「琵琶湖一周(ビワイチ)」や東日本大震災の被災地での「復興支援サイクリング」に取り組む。

     それも、創業当時に日本企業から技術的な指導を受け「日本の方々には大恩がある」という思いからだ。劉氏は「(日本にはコースとして)広める価値のある場所がたくさんある」と話す。


    【【日台】「日本には大恩がある」 台湾の自転車メーカー創業者が日本の地域振興貢献で叙勲受章 】の続きを読む

    このページのトップヘ