新鮮の速報

2CHなどの生活に関連ある記事を更新しています。

    節約



    (出典 static.blogos.com)



    1 ばーど ★ :2017/12/25(月) 21:59:30.83

    安倍晋三政権が打ち出した経済政策アベノミクスはこの5年、「第1の矢」である金融緩和策で円安、株高をもたらし、企業業績や雇用環境の改善を進めてきた。政権発足の平成24年12月に始まった景気拡大は、高度経済成長期のいざなぎ景気(57カ月)を超え、戦後2位の長さに達している。だが国内総生産(GDP)の6割を占める個人消費は依然弱く、デフレ脱却は実現しないまま。着実な賃上げや将来不安の解消がカギとなる。

     週明け25日の東京株式市場の日経平均株価は、日銀の買い支えへの期待から買い注文が優勢となり、終値は前週末比36円42銭高の2万2939円18銭で約26年ぶりの高水準を付けた。11日に付けたバブル経済崩壊後の終値の最高値(2万2938円73銭)を0円45銭上回って更新した形だ。

     株価は政権発足時の2倍以上。東京外国為替市場でも円相場は113円台と、政権発足時から約30円の円安水準で取り引きされた。

     円安と株高を進めたのは日銀が25年4月以降打ち出した「異次元」の金融緩和だ。企業業績は輸出産業中心に改善し、28年度の経常利益は75兆円と過去最高水準。29年7~9月期の名目GDPは549兆円と、設備投資や公共投資に牽引(けんいん)され過去最高を更新した。雇用は10月の有効求人倍率が1・55倍と、昭和49年1月(1・64倍)以来、43年9カ月ぶりの水準だった。

     ただ個人消費が弱い。今年10月の消費支出(2人以上世帯)は28万2872円と発足時の32万5492円を大きく下回った。

     理由の一つが賃上げが弱いことだ。みずほ総合研究所の酒井才介主任エコノミストは「企業は、長年デフレが続き物価を上げられない中、賃上げしても収益が圧迫されるだけだと恐れている。雇用慣行上、いったん上げた賃金を下げづらいことも大きい」と指摘。柔軟に設定できる賃金体系の導入などが必要だとする。

     一方、内閣府が18歳以上の国民に行った世論調査では、不安を感じることの最多が「老後の生活設計について」(53・5%)、政府への要望で最多が「医療・年金等の社会保障の整備」(65・1%)だった。市場関係者は社会保障制度への将来不安も消費が盛り上がらない理由とみる。モノが売れなければ企業も値上げできない。消費喚起へどこまで有効な対策を打てるかが、デフレ脱却に向けて重要となる。(山口暢彦)

    配信2017.12.25 20:36更新
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/politics/news/171225/plt1712250028-n1.html


    【【経済】アベノミクス5年 景気拡大は戦後2位、消費になお弱さ 】の続きを読む



    (出典 togeonet.co.jp)



    1 ばーど ★ :2017/11/09(木) 20:27:46.54

    ・貧困の定義って? ・「貧困たたき」をするのは誰か ・大人たちの「理想の子ども観」

    「飢えて倒れるほどではないけれど、貧困状態」という子どもの暮らしって、想像できますか? 子どもの貧困問題は、極端に貧困な子どもに注目が集まりがちですが、生活保護を受けてはいないけれど、生活が苦しいという家庭も少なくありません。そういう家庭の家計簿をつけてみることで、どんな暮らしなのかを理解するワークショップを考えた人がいます。聞いてみました。(朝日新聞東京社会部記者・原田朱美)

    ■両親と子ども1人、月収17万円

     こどもソーシャルワークセンター(大津市)の代表で社会福祉士の幸重忠孝さんです。

     家計簿体験は、37歳の両親、中学1年の子どもの3人家族、収入は月17万円という設定で行います。もちろん家庭によっていろんな違いがありますが、「極端ではない貧困」のひとつの事例です。

     参加者は、17万円から住居費や食費、教育費などを割り振っていき、「極端ではない貧困」の暮らしを追体験します。

     実際に幸重さんの家計簿体験に参加した人たちの様子は、こちらの記事で詳報しています(動画あり)。
     http://www.asahi.com/articles/ASK7G7W81K7GPTFC01X.html
     
     また、家計簿体験のやり方や詳細は、「子どもの貧困ハンドブック」(かもがわ出版)にも掲載されています。

     やはり、貧困を極端なイメージでとらえている人は多いのでしょうか。

     「多いですね。ご飯をろくに食べていない、服がボロ、家もボロといったイメージ。学校の先生も貧困に気付いていないことがあります」と、幸重さん。

    ■月17万円の暮らしを体験

     そして、次に17万円のワークに移ります。

     「それまでワイワイ議論していたのが、みんな頭を抱え始めます。それぞれの費目に最低限必要な金額を置いていったら、もう残らない。金額の置き方も、各グループとも差がありません。そこで『貧困というのは、選択肢がない生活なんですよ』と説明します」

     「これ以上収入が少なければ、生活ができませんから、生活保護になる。17万円って、公的支援はほとんどありません。たった1~2万円の支援でも当事者には大きいと、分かりますよね」

     「だいたい、削れる費目って、住居費、食費、教育費、交際費しかないんです。だから、子どもの貧困支援で、子ども食堂とか、進学支援とか、この費目にあたる部分の支援が必要ですよねと説明すると、説得力をもって聞いてもらえます」

     このワークショップをやった後、人々の貧困に対する認識は、どう変わるのでしょうか。

     「貧困の何が課題なのか、具体的にわかったと言われますね」

     そのイメージをくつがえすのは、なかなか大変です。

     幸重さんは、「エピソードだけで貧困を知ってもらうことの限界」と指摘します。

     たとえば、貧困問題を知ってもらうために、次のような話をするとします。

    <ある子と一緒にお風呂に行ったら、うまく髪を洗えない。髪をぬらさずに、シャンプー液をペタっとつけてしまう。なぜなら、その子は親子で風呂に入る経験がなかったから、親に教えてもらっていない>


     「社会の多くの人にとって当たり前のことができない」ということを示す端的なエピソードですが、だからといって、この家庭が衣食住に事欠き、子どもが毎日飢えているとは限りません。服が破れているとは、限りません。

     でも、このエピソードだけを聞くと、「きっと食事も満足にとれず、悲惨な暮らしをしているんだろう」と想像してしまう人もいます。

     「映像資料は特に、ドラマチックに、悲惨に描きがちですよね。『もうそれは生活保護じゃないの?』という暮らしをしている印象になってしまう。暮らしの90%は地味なのに、10%の端的なエピソードを出すことで、100%ひどい暮らしなんだと思われてしまう」

     そこで2014年から続けているのが、家計簿体験だそうです。

     これなら、実際の貧困家庭は何ができて、何ができないのか、誤解が減ります。 >>2以降に続く

    withnews  2017年11月08日
    https://withnews.jp/article/f0171108003qq000000000000000W03j10101qq000016214A


    【【貧困】月17万円でも苦しい… 「理想の貧困」の誤解、家計簿でくつがえす 】の続きを読む



    (出典 jp.rakuten-static.com)



    1 らむちゃん ★ :2017/09/17(日) 14:10:15.19

    産経ニュース、2017.9.17 13:47更新
    http://www.sankei.com/life/news/170917/lif1709170037-n1.html

    秋の気配を感じると恋しくなるのがシチューなど、優しいとろみとクリーミーな味わいのソースを使った温かい料理。今年のトレンドは、ご飯にかけて楽しむ“一皿完結”のスタイルだ。忙しい主婦のお助けメニューとしても注目されている。(榊聡美)

     ◆主婦の不満から開発

     具材をホワイトソースで煮込むシチューは、ご飯に「かける」派が一気に増えそうだ。

     ハウス食品(東京都千代田区)は先月、ご飯にかける専用のシチューのもと「シチューオンライス」2種類を新発売した。定番の「シチューミクス」をはじめとする、同社の多彩なシチューのもとの中でも「かける」専用は初めて。

     ご飯に合う濃厚なうまみ、しっかりとしたとろみが特徴で、「チキンフリカッセ風(鶏肉のクリーム煮)ソース」は、パッケージのレシピに、鶏肉は「大きめ(約6等分)に切る」とある。食べ応えのある、主食+主菜の一皿に仕上げてもらうのが狙いだ。

     同社食品事業二部の宮戸洋之部長はこう説明する。

     「シチューは平成23年の東日本大震災を機に、それまで横ばいだった市場がダウンし始めた。ユーザーの声を聞くと、『旦那がご飯のおかずとして物足りないと思っている』という意見が多かったんです」


    【【食】ソースかけご飯 「主食+主菜」一皿で完結】の続きを読む


    目指せ1食100円!安くても満足できる節約おかずのレシピ



    目指せ1食100円!安くても満足できる節約おかずのレシピ

    2015年08月31日(902272 view)

    節約を考えたときに1番節約しやすいのが日々の食費ですよね。だからといって日々の食事が残念なものになってしまっては、節約生活も続かなそうです。1食の食費を100円以内に収め、かつ満足のできる節約レシピをご紹介します。


    (出典 matome.naver.jp)



    このページのトップヘ