新鮮の速報

2CHなどの生活に関連ある記事を更新しています。

    食べ物



    (出典 www.bioweather.net)



    1 すらいむ ★ :2017/12/05(火) 14:54:03.39

    禁止の網でフナ取った容疑 ベトナム国籍の3人、食用に

     東京の多摩川で、禁止されている漁具を使ってフナを取ったとして、警視庁は5日、いずれもベトナム国籍で建設作業員の26~35歳の男3人を、都内水面漁業調整規則違反の疑いで書類送検した。
     多摩中央署への取材でわかった。3人は「フナを食べたかった」と話し、容疑を認めているという。

     署によると、3人は2016年12月23日午後1時ごろ、東京都稲城市大丸の多摩川で都の許可を受けずに、禁止漁具である三枚網を使ってフナ1匹(約30センチ)を取った疑いがある。
     通行人からの110番通報で発覚した。

     都水産課によると、水産資源の保護と乱獲防止のため、多摩川では研究目的以外で三枚網などを使って漁をすることは禁止されている。
     フナについては、手釣りと竿(さお)釣りは認められているという。

    朝日新聞DIGITAL 2017年12月5日14時38分
    http://www.asahi.com/articles/ASKD54K6TKD5UTIL032.html


    【【多摩川】禁止の三枚網でフナ1匹(約30センチ)を取った容疑、ベトナム国籍の3人書類送検「フナを食べたかった」  】の続きを読む



    (出典 sharetube.jp)



    1 じゅげむ ★ :2017/12/02(土) 16:09:23.63

     サバの缶詰が売れている。高い栄養価に加え、原料が水揚げ、価格ともに安定しているのが背景だ。
    日本水産をはじめ大手の売上高は前年を3~5割上回る。年内には売上高がカツオ缶を抜き、魚介系缶詰で2位に浮上しそうな勢いだ。

     極洋は味噌煮などサバ缶の4~10月の売上高が前年同期に比べて5割伸びた。日本水産も1~10月のサバ缶の売上高は前年を3割上回った。10月のサバ缶の市場規模は前年に比べて6割増えた。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24069300Q7A131C1000000/?n_cid=NMAIL007


    【【うまうま】サバ缶大人気 売上高5割増  】の続きを読む



    (出典 thumbnail.image.rakuten.co.jp)



    1 すらいむ ★ :2017/12/02(土) 19:29:19.80

    ギンナンの食べすぎは中毒症状で危険 死亡例も! 中毒情報センターが警告

     あぶってよし、ゆでてよし、電子レンジのチンもよし――。ギンナンが美味しい季節になったが、日本中毒情報センターは2017年11月、「ギンナンを食べすぎるとおう吐やけいれんなどの中毒症状を起こす」と注意を呼びかけた。

     2016年は22件の中毒事故の報告があり、毎年、11~1月の冬のシーズンに事故が急増、過去には死亡例もあるという。

    ■子どもは1回に7個、大人は40個以内に
     同センターの発表資料によると、ギンナンは古くから食用、薬用にされてきたが、食べすぎると、おう吐やけいれん、めまい、腹痛、顔面蒼白、呼吸困難、意識混濁、不整脈、高熱などの症状を起こすことが知られてきた。

     特に食糧難だった終戦直後は事故が多発、死者が出た。
     また、てんかんの治療中の高齢者がイチョウの葉エキスを服用したところ、てんかん発作が連続して起きた例などが報告されている。

     有毒成分は長い間、不明だった。
     ギンナンには、酵素で分解されるとシアン化水素(青酸)を発生させる糖分が含まれているので、長らくその青酸化合物が疑われた。
     最近では動物実験によって、神経の働きに欠かせないビタミンB6の働きを阻害する有毒成分「メチルピリドキシン」が原因とわかっている。
     特に、脳内の神経伝達物質である「GABA」(ギャバ)を生成させるビタミンB6の働きを邪魔するため、けいれんや呼吸困難を引き起こすのだ。
     しかも、メチルピリドキシンは熱に強いので、焼いたり、ゆでたりしても毒性は失われない。

     いったい、どのくらいの量のギンナンを一度に食べると危険なのか。
     同センターでは、個人差があるが、「小児7~150個」「成人40~300個」が危険ラインとしている。
     食べすぎると、1~12時間以内にけいれんなどの症状が表れる。
     症状が表れたらすぐに医療機関を受診する必要があるが、家庭でできる処置の注意点として、つぎの2つを強調している。

    (1) けいれんを誘発するので、絶対に吐かせてはいけない。

    (2) 症状がたとえ表れなくても、大量に食べた時は医療機関を受診する。

    J-CASTニュース 2017年12月2日 17時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13973532/


    【【食】ギンナンの食べ過ぎに注意 中毒症状で死亡例も…小児7〜150個、成人40〜300個が危険ライン  】の続きを読む



    (出典 tblg.k-img.com)



    1 らむちゃん ★ :2017/11/28(火) 19:51:10.56

    CanCam2017年11月28日 11時35分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13951502/

    全国的に寒い日が増えてきて、体の底からあたたまるラーメンが恋しい季節、到来?

    ラーメンって、味によって、そしてお店によって、まったく違う食べ物になると言っても差し支えないものですよね。あなたはどんな味のラーメンが好きですか?

    王道のしょうゆ、濃厚なみそ、あっさりからこってりまでバリエーション豊かなとんこつ、シンプルなだけに奥深い塩……。みんな違ってみんないいものですが、いったいどの味が最も人気なのか、女性140名に調査しました。

    その結果は……思ったよりもかなり割れる結果に!

    少数回答としては「つけ麺」「混ぜそば」「トマト」なども寄せられましたが、ほとんどは「しょうゆ」「みそ」「とんこつ」「塩」の王道4つに集中!

    早速ランキングを見ていきましょう。

    ◆女性に調査!「いちばん好きなラーメンの味」ランキング

    4位 しお 12%

    あっさりさっぱりなイメージがある「塩」が4位。もう少し支持されてもいいような……と思いましたが、1割強にとどまりました。

    塩は、ごまかしが効かないぶん、最も難しいスープと聞いたことがあります。確かに、塩ラーメンって、「さっぱりというか味が薄いだけ……?」というものもわりと存在しますが、美味しい塩ラーメンは思わずスープを全部飲み干したくなりますよね。かなり差が大きいラーメンです。でも、だからこそ奥深い魅力があるものです。

    そしてここからの3つはほぼ僅差!

    (画像など全文は配信先で読んでください)


    【【食】選べない!好きなラーメンの味ランキング、4位しお、3位みそ。1位は…さあ、どっち!? 】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 らむちゃん ★ :2017/11/26(日) 17:40:47.88

    財経新聞2017年11月26日 10時56分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13942522/

     全国に住む20歳以上を対象とした調査によると、40代を中心に1人で鍋料理を楽しんでいる人が増えつつあることが分かった。

    【こちらも】おひとり様の流行は「高級店」か? ひとり利用するサービスの実態調査

    ■今年の鍋料理の出足は遅め
     アサヒグループホールディングスのお客様生活文化研究所が運営する情報発信型ウェブサイト「青山ハッピー研究所」(愛称:ハピ研)は22日、鍋料理をテーマに全国に住む20歳以上の男女602人を対象とした調査結果を発表した。

     これによると、調査対象期間(11月15~21日)までの今冬に、もう鍋料理を食べたと答えた人は72.8%。昨年同時期の調査結果(75.0%)と比較して、やや少なかったことから、「全国的に本格的な冷え込みが遅かったせいか、鍋物需要の伸びがやや鈍い」と分析している。

     また鍋物の頻度では、週1回程度(30.6%)、月2~3回程度(26.1%)、週2~3回程度(24.6%)の順だったが、ほとんど食べない(6.7%)人や、ほぼ毎日(1.2%)との回答もあった。

    ■人気の鍋は、すき焼き、おでん、水炊き
     人気鍋ランキングでトップだったのがすき焼きで、49.8%(複数回答)と、概ね2人に1人が選んでいる。以下、おでん(39.7%)、水炊き(33.2%)、寄せ鍋(31.5%)、キムチ鍋(27.1%)、しゃぶしゃぶ(24.4%)、もつ鍋(13.7%)、ちゃんこ鍋(13.0%)、湯豆腐(12.8%)、牡蠣鍋(8.2%)の順だった。

     ただし「鍋料理の良い点」の答えでは、野菜がたっぷりと摂れる(71.6%)、カラダが温まる(61.2%)、下準備・料理するのが簡単なので(45.2%)、洗いもの、片づけがラクチンなので(24.8%)、が上位に来ている。

    (全文は配信先で読んでください)


    【【食】1人鍋を楽しむ人が増加、今冬は7人に1人が経験 すき焼き、おでん、水炊き 】の続きを読む

    このページのトップヘ