新鮮の速報

2CHなどの生活に関連ある記事を更新しています。

    食べ物



    (出典 www.nankai.co.jp)



    1 (?∀?(⊃*⊂) ★ :2017/11/19(日) 09:11:47.06

    拡大路線をひた走ってきたサンマルクホールディングス(HD)に“異変”が起きている。

    同社はカフェ「サンマルクカフェ」やベーカリーレストラン「サンマルク」を柱に事業を展開し、
    前2017年3月期まで4期連続で最高純益を更新するなど好調な業績を維持してきた。

    ところが、11月14日、今2018年3月期の通期業績計画を下方修正した。
    期初時点では売上高718億円(前期比6.4%増)、純利益47億円(同6.0%増)と、過去最高純益を達成する計画だった。

    今回の修正計画では売上高692億円(同2.5%増)と増収を維持するものの、純利益が36億円(同16.9%減)と、一転して大幅減益の見通しとなった。
    15日に行われた決算説明会の席上で、サンマルクHDの綱嶋耕二専務は「急な好転は望めない」とうなだれた。

    チョコレート入りのクロワッサン「チョコクロ」が若い男女に支持されるなど、
    固定ファンの多いサンマルクHDの業績にブレーキがかかった理由はいくつかある。
     
    1つ目は既存店の苦戦だ。当初は通期で前期並みと見込んでいた既存店売り上げが、今回の修正で前期比2.5%減の見通しとなった。

    上期(2017年4~9月期)の立地別の状況を見ると、駅ビル内店舗などは前期比1~2%減で推移。
    ショッピングセンター内店舗は5~6%減、郊外型店舗も5%減と落ち込んだ。
    綱嶋専務は「顧客の節約志向の流れが続いている」と、個人消費が本格回復に至っていないことが既存店不調の要因だと説明する。

    外食業界全体の人手不足を受け、十分な人材を集めることができなかったことも痛い。
    一部店舗では、満足いく接客ができずに来店客が帰ってしまうケースも散見された。

    もう1つの理由は、出店計画の大幅な遅れだ。サンマルクHDはこれまで、積極出店を成長の原動力としてきた。
    2015年3月期は94店舗、2016年3月期は93店舗と高い水準で出店を続けた。
    だが、2017年3月期は68店舗とペースダウン。今2018年3月期も期初時点では86店舗の出店を計画していたが、
    「現実的にはこの数字は無理」(綱嶋専務)と判断し、63店舗へと修正。
    駅ビルや駅内への出店を目指したが、賃料高騰で条件の折り合わないケースが多発したほか、十分な人材を確保できていないことも響いた。
    こうした結果、前期までの新店効果で増収はキープするものの、十分な売り上げが確保できないことに加え、
    じわじわ上昇する人件費などの負担増を補えない構図となった。

    サンマルクHDはこれまでにも大幅減益の局面はあった。しかし、今回の減益見通しの背景にはある“特別な事情”が存在する。

    経営トップの不在だ。
    実質的な創業者であり、1989年の創業から30年弱で全国的なチェーン店へと押し上げた片山直之社長(59)が病気を患い、現在も自宅療養を続けている。
    メールなどで経営数値や幹部社員の日報などをチェックし、会社にも時折顔を出してはいるという。
    当初は下期(2017年10月~2018年3月)に本格復帰する予定だったが、今回の決算発表で2019年3月期中の復帰へと遅れることが発表された。
    綱嶋専務は「順調に回復しているが、完全に戻れるように万全を期す」と強調する。

    会社側は「片山社長の病気が出店計画に影響していることはない」と主張するが、
    店舗開発や商品開発を中心となって進めてきた片山社長の不在による影響は小さくないはずだ。
    牽引役不在のこの局面をどう乗り切るのか。サンマルクHDの底力が試されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171119-00197881-toyo-bus_all

    既存店の苦戦が続くサンマルクホールディングス。新規出店も思うように進んでいない(編集部撮影)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【外食】絶好調だった「サンマルクカフェ」が急失速 】の続きを読む



    (出典 chigai-allguide.com)



    1 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:762856761-PLT(12000).net


     
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1711/11/news009.html
    http://cp.glico.jp/pretz2017/
    不遇な現状を嘆く「プリッツ」先輩に悲報
    11月11日にパッケージを「ポッキーじゃないほう」にされる。
    まさかのリニューアル。
     


    【本日11月11日はポッキー&プリッツの日です。プリッツって何に使ったらいいの・・・?】の続きを読む



    (出典 bestbiz.jp)



    1 ん◆2R.j9FMXMSiE :2017/11/02(木)11:06:18 ID:???


     読売新聞によると、安倍首相は5日に来日するトランプ大統領を和牛ステーキなどの鉄板料理でもてなす
    予定という。
     和牛やアワビの鉄板焼きが有名な店という。
     トランプ大統領がステーキ好きのため選んだという。

     詳細と続きは読売新聞で。


    >トランプ氏、和牛ステーキ鉄板料理でおもてなし
    2017年11月02日 08時35分 読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171101-OYT1T50110.html


    【【外交】トランプ氏、和牛ステーキ鉄板料理でおもてなし [H29/11/2]】の続きを読む



    (出典 www.j-cast.com)



    1 ばーど ★ :2017/10/29(日) 11:00:57.29

    冬といえばこの鍋

    (出典 www.j-cast.com)


    ■寒いシーズンにぴったり

    寒い季節に食べたくなる定番メニュー、「キムチチゲ」をイメージした和風カップ麺。キムチの辛みと海鮮の旨みが広がるピリ辛のつゆと、どん兵衛ならではのもっちりつるつるのうどんが抜群にマッチする。

    具材としてキムチ、かきたま、ニラを加え、彩り豊かに仕上げた。これからの寒いシーズンにぴったりの一杯だ。

    希望小売価格は180円(税別)。

    配信2017/10/28 10:00
    J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/trend/2017/10/28312229.html

    他ソース
    日清食品、寒い季節にぴったりの「日清のどん兵衛 キムチチゲうどん」を発売
    https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP461067_T21C17A0000000/


    【【カップ麺】寒い冬の定番メニューがどん兵衛になった 「日清のどん兵衛 キムチチゲうどん」 もっちりつるつる 】の続きを読む



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/10/02(月) 19:59:18.83

    西と東でうどんつゆの味が異なるように、餃子のタレも地域によって様々です。ここでは、いくつかの地域をピックアップして、その土地のタレの特徴を紹介します!

    【福島/にんにく・一味唐辛子】

    (出典 image.news.livedoor.com)


    福島県の人気グルメといえば、日本五大餃子に数えられる円盤餃子です。
    大皿に2、30個もの餃子が円形に並ぶ大ボリュームが特徴です。
    餃子のタレは、にんにくと一味唐辛子を足してピリッとさせて食べるのが福島流です。
    このタレをつければ、女性でもあっという間に一皿完食するんだとか。

    【神戸/味噌ダレ】

    (出典 image.news.livedoor.com)


    味噌ダレ発祥の店は、昭和26年に神戸で創業した「元祖 ぎょうざ苑」です。
    貿易業と日本食レストランを営んでいた初代店主が中国に住んでいた時に、そこに住む日本人は現地のタレではなく、味噌ダレで食べていたといいます。
    帰国後、その味を再現し開業したのが始まりです。現在神戸では、店ごとの自家製味噌ダレを楽しめます!

    【川崎/味噌・酢・ラー油】

    (出典 image.news.livedoor.com)


    「かわさき餃子舗の会」により、地域活性化の方法として生まれたのが「餃子のタレを統一する」というアイデアです。
    そこで2009年に発売されたのが「かわさき餃子みそ」です。
    現在川崎市内の餃子店を中心に取り扱われています。
    ちなみに同会推奨の黄金比は、かわさき餃子みそ:酢:ラー油=7:2:1だそうです!

    【博多/柚子こしょう】

    (出典 image.news.livedoor.com)


    1940年代後半に屋台で提供されるようになり、気付けば博多のソウルフードになったのが一口餃子です。
    博多の餃子店には、柚子こしょうが常備されているのが特徴で、酢醤油やポン酢にといて食べます。
    使用する唐辛子(青や赤)と柚子の皮(黄や緑)の組み合わせによって味わいが異なるため、食べ比べるのも面白いです!

    http://news.livedoor.com/article/detail/13688183/
    2017年10月1日 10時30分 GetNavi web

    前スレ                  2017/10/02(月) 02:21
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1506878475/


    【【グルメ】餃子のタレは「醤油+ラー油」だけじゃない! 地域ごとのご当地タレ、知っていますか?】の続きを読む

    このページのトップヘ